当院について

35.74881,139.703161

遊座大山デンタルオフィス
東京都板橋区大山東町20-5
吉岡屋ビル1F

35.748781,139.703161

東武東上線大山駅北口 徒歩1分

東京都板橋区大山東町20-5
吉岡屋ビル1F

TEL:03-5375-6266

平日   9:30~13:00 14:30~20:00
土日   9:30~13:00 14:30~18:00
休診日  水曜・祝日

子どもの虫歯、歯並びについて【小児歯科】

お子さんのちょっとしたクセが身体の成長に影響を与えます

お子さんのちょっとしたクセが身体の成長に影響を与えます

成長途中の小さなお子さんは、ちょっとした「クセ」が与える負荷が続くと、身体の成長に悪影響となることがあります。次のようなクセがあるなら、早めにやめさせてあげましょう。

こんなクセには要注意

頬杖をついている 頬杖をつくと、頭の重さが顎にすべてのしかかることに。顎の成長を妨げたり、咬み合わせがズレたりする原因となります。
舌で歯を押している 歯を舌で押すクセが長く続くと、押されている歯が移動し隙間が生じるなど、咬み合わせ異常につながります。
唇をいつも咬んでいる 上下どちらかの唇を反対側の歯で咬むクセがあると、出っ歯や受け口など、歯の異常になるばかりか、顎の成長にも異常をきたすことがあります。
よく爪を咬んでいる 固い爪を咬むクセは、出っ歯や上顎が前に突き出す不正咬合につながることがあります。
指しゃぶりをする 前歯上下の咬み合わせがズレたり、出っ歯になったり、顎の骨格の成長を妨げたりすることにもつながります。

pagetop

親御さんへのお願い

1.乳歯は、生え始めたときから虫歯になるリスクを抱えています。自分でしっかりブラッシングができるようになる小学校中学年くらいまでは、しっかり親御さんがケア&フォローしてあげましょう。 2.永久歯に生え替わるからといって、乳歯の虫歯を見過ごしてはいけません。永久歯も虫歯になりやすくなったり、歯列が乱れて生えてきたりといったトラブルが生じてくることがあるのです。

当院では、虫歯になった歯を治療することも大切にしていますが、お子さんに歯医者を嫌がらずに来院してもらい、診療に慣れてもらうことを大切にしています。そして、親御さんたちがお子さんの歯を守りやすい環境や、歯の健康のための知識を得ていただける情報をご提供できればと考えています。

当院は、お子さんの歯のどんなお悩みにも丁寧にお答えしたいと考えています。お子さんの歯で気になることがあれば、いつでもお気軽にご相談ください。

pagetop

当院の小児歯科メニュー

定期検診

定期検診

お子さんのお口の健康で気をつけたいのは、虫歯や歯周病といった病気の有無はもちろん、歯列や顎の成長の変化です。定期検診では、何か悪い兆候がないかをチェックし、お子さんの将来を見越してアドバイスも行います。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

乳歯から永久歯に生え替わる時期は、特に歯がデコボコしてみがきにくい状態となっています。そんなお口の状態に合ったブラッシングの方法を指導します。もちろん、親御さんの仕上げみがきのコツもアドバイスさせていただきます。

フッ素塗布

フッ素塗布

乳歯や生えたての永久歯は、エナメル質も象牙質も薄く、虫歯菌が出す「酸」への抵抗力が弱いものです。フッ素塗布では、歯の再石灰化を促すフッ素を直接歯に塗ることで、歯質を強化し、虫歯に強い歯を作ります。定期的に継続して塗ると効果的です。

シーラント

シーラント

入り組んだ溝が上部にある奥歯はブラッシングもしにくく、食べかすが詰まりやすいため虫歯になりやすくなっています。この溝をレジン(歯科用プラスチック)でふさぐ処置がシーラントです。処置後、次第に削れてきますので、定期的な処置がおすすめです。